旭川の弁護士による法律相談は【旭川総合法律事務所】へ

旭川総合法律事務所
弁護士によるご相談は
法律相談相談方法 借金、交通事故のご相談は無料
HOME 個人のお客さま 企業のお客さま 弁護士紹介 事務所紹介 アクセス 弁護士費用

公務員が自己破産

 公立学校の教員です。ネット株取引、パチスロ、出会い系サイトの使用料等による借入れによって借金が雪だるま式に増え、月々の返済額が30万円を超えてしまいました。住宅ローンの返済や高校生の子供2人の教育費もあり、返済が困難な状況です。自己破産した場合、子供の進学・就職に影響はありますか。また、公立学校の教員を続けることはできますか。(Aさん、47歳)  今回は、個人の自己破産に関す...続きを見る

特定調停と過払い金

 10年ほど前から、仕事のストレスをブランド品の買い物やホストクラブ通いで発散するようになり、気付いたら消費者金融会社等からの借金が200万円以上に膨れあがってしまいました。勤務先の校長先生に相談したところ「破産をせずに借金を整理できる方法があるよ」と、裁判所の「特定調停」という制度を教えてもらい、昨年、特定調停で借金をゼロにすることができました。 しかし、過払い金の請求を読む...続きを見る

破産した社員の解雇

 私は、建設会社を経営している者です。実はわが社のある社員が、破産宣告を受けるのではないかという噂が社内に広がっています。 最近は、サラ金業者やヤミ金業者などからの取り立ての電話が会社に頻繁にかかってくるようになり、その対応で他の社員が非常に迷惑しています。また、破産した社員がいるとなれば会社の名誉にも関わる問題だと思います。できれば、この社員を解雇したいのですが、解雇する...続きを見る

熟年離婚

 38年間、教員として勤めた夫が、昨年の3月で定年退職しました。夫は定年後、再就職せず、一日中家に居ます。夫は典型的な亭主関白であり、家の中で威張ってばかりいます。 また、家事には一切協力してくれず三度の食事の支度も苦痛です。夫と別れてのびのび暮らしたいのですが、このような場合、夫と離婚することはできるのでしょうか。(Aさん、主婦56歳)  いわゆる熟年離婚に関する相談です。厚...続きを見る

中小企業経営承継円滑法

 旭川市内で建設業を営んでいる者です。将来的には専務取締役である長男に経営を継がせたいと思っております。 私には、長男のほかに2人の子供がいることから、いわゆる遺留分との関係で問題が生じるのではないかと悩んでいたところ、中小企業の経営承継を円滑に行うための法律が制定され、遺留分についての特例が定められたということを聞きました。具体的には、どのような制度なのでしょうか。(Sさん...続きを見る

破産管財人とは?

 私は、旭川市内で個人事業の衣料品店を経営していたのですが、長引く不況によって売り上げが激減し、借金の返済が困難になったため、A弁護士に依頼して、裁判所に自己破産の申立をしました。 ところが、このたび「破産管財人」として、B弁護士が選任されたとの連絡がありました。いったい、「破産管財人」というのはどのような立場の人なのでしょうか、教えてください。(Mさん・34歳)。 ...続きを見る